カマグラの入手

カマグラは、日本国内ではバイアグラの特許がまだ残っているために販売していません。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)の特許期間が満了になってからでないと販売する事はできません。

カマグラを入手するには「個人輸入」での購入が必要になります。

「個人輸入」と言っても代行サイトが多数ありますので、インターネットショッピングするのと同じように買う事ができます。
処方せんも要りませんし、自宅に配送されるので、普通のインターネットショッピングと全く同じです。

仮に病院で処方が受けられるとしても、病院に行くより個人輸入の方が時間と手間がかからないメリットがあります。

デメリットは海外からの発送になるので1週間~10日ほどかかってしまうことぐらいです。

よって、近年ではバイアグラのように病院で処方が受けられる医薬品でも、個人輸入代行で入手する人が増えてきています。

個人輸入サイトでの購入した方が安く買うことができるのです。

個人輸入の注意点

薬を購入し、服用するのであれば「個人使用目的」でなければいけません。

例えば、女性がバイアグラを個人輸入する事は認められません。(他人への譲渡だとみなされるため)
個人で使用できないほど大量に個人輸入する事も認められません。(販売目的だとみなされるため)
限度は1ヶ月分の服用量程度です。

『海外医薬品』のため、説明文が全て外国語となっている点。
そして外国人の方との体格差の違いで、体の小さい日本人には過剰摂取になってしまう場合があります。

もともとは、海外では認可されていても日本では認可されていない医薬品での薬物治療を、日本で継続する必要がある場合の処置として個人輸入が認められているのです。
もちろん個人の使用目的だとしても、覚せい剤や大麻など違法な薬物は個人輸入できません。
このように多少ルールはありますが、個人輸入の代行サイトを使えばそもそも無理な注文は受けませんので、特に問題なく入手する事が可能でしょう。

しかし、中には悪質な代行サイト(医薬品の偽物を取り扱う・注文した医薬品が届かない・問い合わせに応じないなど)もありますので、代行サイトは十分に注意して信頼できるサイトを選ぶようにしましょう。