有効成分「シルデナフィル」

バイアグラのジェネリック医薬品(後発医薬品)のカマグラは、バイアグラと同じ有効成分の「シルデナフィル」が配合されています。
ED治療薬は多くの製薬会社が製造及び販売しており、有効成分や成分量・製造過程もそれぞれ違います。
しかし、そのほとんどが有効成分の作用は同じ仕組みです。

seibun

まず、簡単に勃起する仕組みを説明します。
性的な刺激を受けることで脳が興奮すると、勃起中枢に伝達されます。
伝達されるとペニスの海綿体に伝わります。
そうなると、海綿体の中で「一酸化窒素」が放出され「サイクリックGMP」という物質が増加します。
このサイクリックGMPが増加することで、海綿体の血管が拡張したところに血液が流れ込みます。
血液が溜まることで、ペニスは大きく膨張して硬くなるのです。

勃起の仕組みがわかったところで、どうして勃起不全が起こるのか。

人間の体内には勃起を抑制する「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」という酵素があります。
これは、日常から勃起したままの状態では生活に支障をきたしてしまいますので抑制しています。
EDにはさまざまな原因がありますが、何らかの原因で「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」という酵素が優勢なままとなり、性的刺激があった時でも勃起を抑制してしまうのがEDです。

そして、ほとんどのED治療薬は、それぞれの有効成分が勃起を抑制する「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」という酵素の働きを妨げる事によって勃起を促進させます。
この作用のED治療薬を薬学的には「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬」と言います。

また、「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬」の中でも有効成分が異なると、「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」の働きを妨げるという作用は同じですが、効果の出方に特徴が出ます。

勃起力が強いものもあれば、持続時間が長いもの、即効性があるものなどさまざまです。
バイアグラもカマグラも「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬」となりますが、有効成分が同じですので効果の出方も同様です。
有効成分の「シルデナフィル」は、とくに勃起力が強いとされています。

ちなみに「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」の働きを妨げるという作用は、性的刺激があった時にしか作用しませんので、「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬」を飲んだからといって常に勃起したままとなるわけではありませんのでご安心下さい。